読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りと、こ。

絵を描いて食べて寝るだけの生活。

f:id:ririririkokoko:20170525095400j:image

 

電車に乗った瞬間に電車の中の汗の匂いと湿度に心をやられました。

こんな場所を飛び出して360度見渡す限り地平線が見える場所で暮らしたい。

必要な分だけの野菜を作って、川で魚を釣って、夕方大切な人へ手紙を書いて、星の下で眠って、朝になったら手紙を鳥に託して生きてみたい。絵を描いて時々本を読んだり映画を見て、迷い込んできた動物と仲良くなって、自由に人間生活をしてみたい。

 

と思う気持ちと同時に、今自分が出来る範囲で周囲に貢献したいという謎の真面目な気持ちもあったり。

 

今でも相対的に見れば充分自由な暮らしをしている筈なのに、自由になりたいと思うのはわがままですね。わがままなんです。

 

ハッピーターンレモンペッパー味、美味しいです。

ぷ。

 

f:id:ririririkokoko:20170519105940j:image

普段気がついたことやアイデアを書くノートを持ち歩いているのですが、見返すと昔の自分が何を思って書いているのか全くわからずうんうんと考える事が結構あります。

f:id:ririririkokoko:20170519105959j:image

基本的に人間はそもそも不自由であるという事を認めて許さないと真に自由にはなれないと考えているのですが、ノートに「許せなくていいと言いたい。」と書いていてその理由を書いていてほしかった…と真面目に思いました。

f:id:ririririkokoko:20170519110018j:image

「許せなくていいと言いたい。」とノートに書いた自分は今の自分とは別の存在みたいな感じがします。

でも本当は私だって「許せない」し「受け入れたくない」のかもしれません。

でも許して受け入れたいという事を思う自分でいたい。

f:id:ririririkokoko:20170519110357j:image

「全部錯覚なんですね。」と私が言った時、「そうです。この世は全部錯覚です。」と言ってくれた人がいます。

でもその錯覚に救われる事がこんなにもある、と言った時それでいいと言ってくれました。

それでいいらしいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

い。

f:id:ririririkokoko:20170512161048j:image

 

今後与えられるかもしれない幸せ、

小さな絵を描く力、

健康、少しのお金、命、

ささやかながらも私にある全部。大切な人にあげる事が出来たらどんなにいいだろう。

美味しいものを沢山食べてほしい。幸せに生きてほしい。これからずっと苦しむ事がありませんように。

 

 

 

 

 

f:id:ririririkokoko:20170423111350j:image

 

描くのがとても辛くもう描きたくないと思うのに、

誰に頼まれたわけでもないのに、

誰に求められているわけでもないのに、

いつでも描かない選択をできるのに、

また筆を取りたくなってしまうから、

描くしかないのだと思います。

 

今日はピクニックに行きます。

今日はとりあえず楽しみます。

目一杯楽しんで、どうかまた明日から絵が描けますように。

 

自分の為のブログ更新。

 

 

 

f:id:ririririkokoko:20170406000609j:image

 

 私は自分の中に悪意と同じだけ見返りを求めない良心がある事を信じているし、おこがましくも自分ではなく誰かの為に描きたいし、傲慢にも人を救いたいと思っている。

 

誰に信じて欲しいわけでもないけれど。

散歩。

f:id:ririririkokoko:20170316160923j:image

f:id:ririririkokoko:20170316160920j:image

f:id:ririririkokoko:20170316160936j:image

f:id:ririririkokoko:20170316160950j:image

f:id:ririririkokoko:20170316161018j:image

f:id:ririririkokoko:20170316161028j:image

f:id:ririririkokoko:20170316161146j:image

f:id:ririririkokoko:20170316161155j:image

 f:id:ririririkokoko:20170316161204j:image

f:id:ririririkokoko:20170316161226j:image

 

合宿の時木の中に絵を置いたのがとても良かったので、個人的にもやってみました。

30号なので大きくはないけれど移動するのはなかなか大変。

 

小さなドローイングを置きたいところに置いて帰るとかどうだろうと一瞬思いましたが普通にポイ捨てになると思ったのでやめました。

 

 

 

 

 

_

f:id:ririririkokoko:20170312113810j:image

長年の付き合いがある相手ではなく、偶然出会った人の言葉でこんなにも救われる事がある。