制作日記開始

f:id:ririririkokoko:20170701011941j:plain

 

これまでTwitterで呟きにくいぼやきのようなものばかりをブログに乗せていましたが、今日からここを公開制作日記のようなものにしようと思います。

理由はいくつかありますが、大きくは「活動をする上で自分のスタンスのようなものを示していく必要があると思ったから」と「しらばっくれない為の自戒」です。

少し説明し辛いですが、作品の内容だけではなくある程度その背後のものを発信していかなければならないと感じました。Twitterなどにリンクを載せてはいないので見る人は限られてくると思いますが、とりあえず今は少しでも私や私の作品に興味を持ってくれた方に見ていただければ良いです。本名で活動している事と同じで、自分の描いたものに背を向けないようにおおっぴらではなくとも人から見える場所にできるだけ自分の中の本当に近い言葉を置いていきます。少なくとも個展までは定期的に更新できれば・・・・と考えています。制作日記と銘打ちましたが他にも書こうと思ったことをできるだけ文字にしていきます。

 

とりあえず上の写真は今制作している大作です。変形ですが横幅は150号(227×181)より大きい筈。縦は150号より小さいでですが。まだ正式に発表していませんが、来年の個展で展示します。(別に秘密ではないので口ではいろんな人に言っている為ここにも書くのですが、もしこの記事を見た方がいたら一応ツイートとかは避けていただけるとありがたいです。)

自分の体より大きな画面に向き合うのは精神的にも体力的にも消耗するのですが、一番今の自分に副った筆を運べる気がします。小さな作品を描く時には味わえない没入感のようなものがあり、これは絶対に大切なものなのでできれば学校を卒業した後も大きな作品を描ける環境を手に入れたいです。私の場合、小さな作品だと筆が乗らない時どうしても悪い意味で作業的になってしまう部分があるのですが、大きい作品を長期スパンで制作しつつ小さい作品に手を制作しているとそれが緩和される気がします。学校の後輩の女の子が「絵を描くのは滝修行っぽい」みたいなことを言っていて、個人的に少し共感しました。昔読んだ本で瞑想が船を漕ぐことに例えられていたのですが、制作も船を漕ぐようなものなのかもしれません。

 

これまでも展示活動は行っていましたが、個展が本当のスタートだと思っています。安直な事を言うと、自分を信じるしかないという事にやっと気が付きました。

良い展示にします。命にかけて。命をかけるなんて大層な言葉だけれど。嘘じゃないです。私は弱い人間だけれど、絵でご飯を食べている人間じゃないけれど、遊びで表現をしている訳ではありません。

来年の春、大阪にて。是非来てください。